サービスの流れ

HOME | 介護用品レンタルサービス | サービスの流れ

介護レンタルサービス

サービスの流れ

1
ご相談・商品の選定

  1. ご相談・お問合せは、ウイズケア福祉用具専門相談員にどうぞ。ご利用者に最適な福祉用具のアドバイス、福祉用具サービス計画書の作成、介護保険などについてもご説明します。
  2. お支払いいただく金額(ご利用者負担額)は、介護保険で認定される場合、商品の月額レンタル料の1割のみです。(例えば、1ヶ月10,000円のレンタル科の場合、利用者負担は、1ヶ月1,000円です。)どちらも各商品ごとに併記してありますのでご確認ください。
    また、レンタル料金は1商品ごとに〈1ヶ月単位〉で算出しています。レンタル開始日と終了日による期中料金は、下記の通りです。
 
ご相談
レンタル

◆キャンセル料金について
当日キャンセルは、1ヶ月分のレンタル料金の半額をお支払い頂きます。(緊急入院など、やむを得ない場合を除きます。)
◆搬入費について
原則として搬入・搬出費は、無料ですが特殊作業(クレーンなどの重機の利用、2階以上に設置される場合等)が必要な場合には別途特殊作業費を頂きます。 
2
納品・取扱い説明

原則として希望日(日・祝日を除く)に行います。
(都合で伺えない場合もございます。)
納品は当社の専門員が直接お伺いし現場で組み立て、使用方法等について詳しくご説明します。
◎アセスメント(日常生活動作〈ADL〉を聴取します。)
◎フィッティング(アセスメントを元に機器の調節をします。)
◎機器説明(取扱説明書の内容を詳しく説明します。) 

3
ご契約

お届けした福祉用具をご確認後「レンタル契約書」「重要事項説明書」を取り交わします。尚、レンタル料金のお支払いは口座振替となっていますので、契釣時に(口座振替依頼書)への記入、捺印もお願いします。
※2機種以上を同時にレンタルされた場合、合計金額でご請求します。

4
確認・調査

確認
お届け10日以内にご連絡し、使用状況を確認します。必要があれば再度身体状況に合わせ、調整します。
5
アフターサービス・モニタリング・メンテナンス

メンテナンス
訪問定期点検(6ヶ月に一度)やお電話で適合状況を確認し、モニタリングシートを作成します。日常生活動作(ADL)が変化したなどの理由で商品の変更をする場合は、取扱店と同時に居宅介護支援事業者へもご連絡ください。
6
引き取り

レンタル終了のご連絡は電話などで、取扱店と居宅介護支援業者のいずれにも「レンタル終了」の旨をご連絡ください。尚、取扱店が電話連絡を受けた日をレンタル契釣満了日とし、原則として希望日(日・祝日を除く)にお引取に伺います。(都合により伺えない場合もございます。)

7
洗浄・消毒・修理

修理
レンタルが終了した福祉用具は、独自の徹底した衛生管理システムにより、洗浄、消毒、メンテナンスを実施します。
8
保管

再レンタル商品は、洗浄、消毒済みの福祉用具だけ保管する清潔倉庫にストックされます。